Kansai University of Health Sciences / e-learning for Moodle

国家試験の注意点

国家試験の注意点

先輩方がはまった落とし穴に注意しましょう。
以下の法則を覚えておくことが大事です。

  • マークシート用の鉛筆、消しゴムを使いましょう。
    マークシートは、機械によってとても精密に読み取ります。
    マークシート試験でシャープペンシルなどを使っていると、消したものを感知して、マルチマーク2つ以上選択しているとして取られる=不正解)として取られることがよくあります。
    その点からも、きちんとマークシート専用鉛筆と、マークシート専用の消しゴムを用意しましょう。(購買でも販売しています。試験直前だと売り切れることがあるので注意!)

  • 国家試験の6割とは、150問中の6割で計算される。
    過去にあった実例です。
    160問の6割は96問である。「160問中97問正解だった!合格だ!」と喜んだ学生がいた。
    ところが、合格発表で「不合格」!どういう事?


    答えは、テストの成績は、はり師・きゅう師で分かれるためです。
    共通問題140問+はり理論10問=150問のうちの6割(90問)
    共通問題140問+きゅう理論10問=150問のうちの6割(90問)
    となります。
    この計算でいう最悪のケースは、
    「160問中は99問が正解・・・でも不合格(>_<)。」
    はり理論・きゅう理論が10問ずつ全て正解で、共通問題が79問正解だったら……99問正解でも不合格!となります。



  • テストは160問×4の○×問題である。
    これは勉強の仕方にもつながりますので、「KUHS2 勉強の仕方」にも書きましたが、
    とても重要なところです
    この方法で解いていくと、見直しも楽になります。
    問題の前や最後に○×を付けていけば、○が3つと×が1つあるいはその逆のところが出てきます。それが答えです。
    もし、○が2つ、×が2つなどとなった場合、問題の読み間違いか、答えを間違えているか、あるいは問題が不適当?(これは滅多にありません)です。
    こうなったら問題を再度読み直ししましょう。
    長く感じるでしょうが、この方法を身につけておくと、国家試験の時、楽になります。



  • 全ての科目が6割・・・は無理。
    全ての科目が6割取れるのであれば問題はありません。
    ただ、だれにでも、得手・不得手はあると思います。
    それであれば、できるだけ確かなところをたくさん取りましょう。
    この際に重要になるのは、科目毎の問題数です。
    近年、科目別問題数はあまり変更はなかったのですが、昨年度は変化がありました。変化した問題数を表示しますので、参考にしてください。
  1. 東洋医学臨床論(26)
  2. 臨床医学各論(22)
  3. 東洋医学概論(13)・経絡経穴学(13)
  4. 臨床医学総論(12)
  5. 解剖学(11)・生理学(11)
  6. リハビリテーション概論(10)・はり理論(10)・きゅう理論(10)
  7. 衛生・公衆衛生学(9)
  8. 病理学概論(7)
  9. 関係法規(4)
  10. 医療概論(2)

となっています。
よって、東洋医学系が苦手なら、臨床医学各論・解剖学・生理学などでカバーする。と言うことも可能です。ただし、不得手の教科もある程度は取れるようにがんばりましょう。(完全にカバーできる教科はありません。)
また、はり理論・きゅう理論については、前述したとおり注意しましょう。(「国家試験の6割とは、150問で計算される。」を参照)

その点もよく考慮して、共通問題の科目でしっかり取れるようにがんばりましょう。






a:3088 t:1 y:2

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional