国家試験の注意点

国家試験の注意点

先輩方がはまった落とし穴に注意しましょう。
以下の法則を覚えておくことが大事です。

  1. 東洋医学臨床論(26)
  2. 臨床医学各論(22)
  3. 東洋医学概論(13)・経絡経穴学(13)
  4. 臨床医学総論(12)
  5. 解剖学(11)・生理学(11)
  6. リハビリテーション概論(10)・はり理論(10)・きゅう理論(10)
  7. 衛生・公衆衛生学(9)
  8. 病理学概論(7)
  9. 関係法規(4)
  10. 医療概論(2)

となっています。
よって、東洋医学系が苦手なら、臨床医学各論・解剖学・生理学などでカバーする。と言うことも可能です。ただし、不得手の教科もある程度は取れるようにがんばりましょう。(完全にカバーできる教科はありません。)
また、はり理論・きゅう理論については、前述したとおり注意しましょう。(「国家試験の6割とは、150問で計算される。」を参照)

その点もよく考慮して、共通問題の科目でしっかり取れるようにがんばりましょう。






a:3020 t:1 y:1